スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by フジコさん
 
[スポンサー広告
手作り石けん
もう1ヶ月以上経っちゃったんだけど、marronさんから手作りの石けんを頂きました
柿渋石けんと炭石けんです。

以前marronさんのブログで、柿渋が体臭に効果があると書いてらして
ついついオットの加齢臭にも効果がありますか?と
食いついてコメントしてしまったら、やさしいmarronさんがプレゼントして下さいました

イヤッホ~

marronさんからプレゼント~♪
それが、こちら。
marronさん曰く、見た目的に納得のいく出来じゃないらしいので
写真は小さめにしましたが、私的には、すごーい、すごーい、すご~い!!!って感じ。

キレイにラッピングもして下さって、オマケに石けんが入っていたポーチは
marronさんのお手製、アミアミポーチ
すっごい上手なのー!

確か去年、私がマフラー編みたいと思って挑戦した頃と同じぐらいの時に
marronさんも始めたはずなんだけど
売り物って言っても過言ではないぐらいの出来!
すごいなぁ~。

使い心地を確かめたくて、早く使ってみたかったんだけど
なかなか使いかけの石けんがなくならなくて、やっと最近になって使い始めました。

使い心地も
泡立ち豊か、でも泡切れが良くて洗いあがりサッパリ!
オットの加齢臭に…と思ったけど、もったいなくって使わせられな~い(笑)

marronさん、ホントにありがとうございました
大切に使わせていただきます
スポンサーサイト
Posted by フジコさん
comment:7   trackback:0
[日記・つぶやき]  thema:小さなしあわせ - genre:日記
羅臼&中標津へ 中標津編
ソフトクリームを求めて中標津の開陽台展望台へ(笑)

釧路を出発した時はすごく良いお天気でしたが
羅臼に近づくにつれ、真っ黒な雨雲がの背後から迫ってきていて
何やら怪しげな感じでしたが、何とか雨は降らずにもっていました。

が!中標津に向かう途中、とうとう雨が降り出しました
しかも、30ウ~ン年間生きてきて経験したことないような激しい雨が!!!

超高速でワイパーを動かしても前が見えない程。
まるでスコールのようでした。

雨は数分で止み、目的地の中標津の開陽台展望台へ到着。

開陽台展望台は酪農の町、中標津の観光スポットで
視界330°地球がま~るく見える標高271mの大地「開陽台」にあります。
こちらの展望台の中にカフェがあって、もちろんお目当てのソフトクリームも

ものすごい雨でしたが、ちょうど雨がやんだので虹が出てましたrainbow
虹が出た♪
実際はすごくキレイだったんです!
雨のあとで緑がとっても瑞々しくって、空の青も大地の緑に映えて
そこに虹が出て・・・あ~、の腕前が~

地球が丸く見える開陽台だそうです
“地球が丸く見える開陽台”だそうです。
牛さんがいる!と思いきや・・・

牛さんのオブジェ
牛のオブジェでした。

釣り鐘と虹
釣り鐘があったので

幸せになれますように…カ~ン♪
カーンっ
そんなに思いっきり引っ張ったワケじゃないんだけど
かなりスゴイ音で、ちょっと恥ずかしかったです

キレイです
たぶん、知床連山。キレイですね~

知床連山に降り注ぐ陽の光
雲の切れ間から降り注ぐ陽の光・・・何か神秘的です。

はちみつソフト♪
お目当てのソフトクリーム
ハチミツがかかってるのにしました。
このハチミツ、ここの開陽台に自生しているクローバーのハチミツらしいです。
ソフトクリームはまったり、ハチミツはあっさりでウマー

大満足の一日でした

9月の連休には、更に足を延ばして知床に行ってきます。
今から、とっても楽しみ~
Posted by フジコさん
comment:14   trackback:0
[日記・つぶやき]  thema:ちょっとおでかけ - genre:旅行
羅臼&中標津へ 羅臼編
先々週の日曜日、羅臼に行ってきました。

目的は“ブドウエビ”
漁獲量が少なく、鮮度が落ちやすいため市場では
なかなかお目にかかれないため“幻のエビ”とも言われるとかアップロードファイル

そのブドウエビが、ちょうど今時期
羅臼前浜で水揚げされているそうで、釧路や帯広でも食べられますが
せっかくなら現地で食べたいね、というわけで2時間半かけて行ってきました

オットが行きたかったお寿司屋さんはお休みしていたので
行ったのはコチラ
純の番屋 by北の国から2002 遺言
ご存知、ドラマ「北の国から」の最終話「2002遺言」で純が住んでいた番屋!
のレプリカなんですが(⌒▽⌒;;;;;
食堂になっていて、雰囲気は十分楽しめます。
(ちなみに私は、北の国からはあんまり好きくないです

店内はこんな感じ
店内の様子
大漁旗や漁具、ロケのパネルなんかも飾られてます。
密かに吉岡秀隆さんと内田有紀さんの結婚式の写真もあったりして。
(もういい加減、飾るのやめた方がいいんでない?)

ショーケースの中にメニューが!
真ん中のショーケースの中にメニュー(食玩)があって
それを見て、おばちゃんに注文をするシステム。
迷ってたら後から来た人を待たせちゃいました。ゴメンナサイ

悩んで決めたのがコチラ
めんめ定食
メンメ定食。
いわゆる“キンキ”です。道東は“メンメ”って言うみたい。
旭川では“キンキ”でした。どうでもいいですね(笑)

この“メンメ”は小ぶりな方で¥2100。大きいのはもう少し高かったです。
でもお刺身やカニ汁もついてるし、小ぶりと言っても
私には、これの半身も食べれば十分な大きさだったので
このお値段は納得。
当然ですが、メンメの煮付け、超ウマー

こちらはオットの三色丼
三色丼
¥1800だったかな?
こっちはねー、ちょっと・・・でした。

写真ではわかりずらいかもしれないけど、どんぶりが小さい!
カニ汁のお椀と、たいして大きさ変わらないの
かなりボったくられた感じでした。 美味しかったけど。

そしてお目当ての
幻のブドウエビ~♪
ブドウエビーっアップロードファイル
1尾、1尾ですよ!¥1000~¥1300也。 高っ

この写真だと比較対象がなくて大きさがわかんないですね。
だいたい15~16㎝ってトコでしょうか?

味はボタンエビと似たりよったり。違いのわからない女でスミマセン
でも甘~くて美味しかったですよ~(笑)

豪華~(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
豪勢なお食事を前にニ~ンマリなワタクシ
こうして見ると、メンメも小ぶりとはいえ、けっこうな大きさでしょ?
いや~、美味しかったです

お決まりの食後のデザートはソフトクリーム。
羅臼国後展望塔に行って食べようと思ったら、売店らしきものがなく
もちろんソフトクリームにはありつけず、仕方ないので
中標津へ寄り道することにしました。

中標津編は次回にします。
Posted by フジコさん
comment:2   trackback:0
[日記・つぶやき]  thema:ちょっとおでかけ - genre:旅行
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。