スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by フジコさん
 
[スポンサー広告
トイレットペーパー
一応エコブログのつもりが、フツーに日記になってるので
たまにエコなお話をひとつ。

先日、ナチュラル・ココさんで雑誌を読んでいたら
トイレットペーパーは真っ白でなくてはいけないですか?
という文章が目に留まりました。

日本のトイレットペーパー市場は年々拡大していて
2001年の生産・消費量は、国民一人当たり7.5kgに相当し
1日約9mを使用すると推計されているそうです。

スーパーやドラッグストアのトイレットペーパーコーナーには
パルプ100%の真っ白なトイレットペーパーが大半を占め
古紙100%のトイレットペーパーは、ほんの少し
もしくは全くおいてありません。

パルプ100%のトイレットペーパーは
森林を切り倒し、木材を輸入し、紙を製造した際に
多くのエネルギーを消費し、多くのCO2を排出します。
また紙を白くする為、多くの漂白剤を使用します。

ですがトイレットペーパーは、使用すると水に流してしまうので
二度と再生することができません。

これを、古紙を利用するとどうでしょう

ゴミを減量化し、焼却や埋立てなどの環境負荷を軽減でき
資源の有効利用につながります。
また、森林を切り倒す必要もなく、森林資源の保護にもなります

製造工程においても、既に紙となっているので
途中の工程が省かれた分、省エネ、CO2排出量の削減につながります。

確かに古紙100%のトイレットペーパーは
パルプ100%のものに比べると
真っ白ではないし、肌触りも劣るかもしれません。

でも、オシリ拭くだけなら
私はイイんじゃないかなぁ?と思うんです。
(オシリに問題ある人は別ですよ)

ちなみにウチは今、イオンの“トップバリュ共環宣言”の
古紙100%のトイレットペーパーを使っています。
もちろん、シングルです。
白さも全然気にならないし、柔らかさも、それほど気になりません

1回に使うトイレットペーパーの長さは
シングルでもダブルでも、そう変わりはないようなので
シングルを選んだ方が、環境に優しいのです。

更には“芯なし”や“ロール幅が狭いもの”など、古紙はちょっと…という方も
少しでも環境負荷の少ないものを選択してもらえると
うれしいなぁと思います




ランキングに参加してみました。

応援ポチ、お願いします


スポンサーサイト
Posted by フジコさん
comment:8   trackback:0
[トイレ]  thema:ロハス&エコロジーライフ - genre:ライフ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。